Image
Image

Weiß-1

(Wiking Serienmodell;046-06(G))

Image

Grauweiß-1

(Wiking Serienmodell;046-06(A))

Image

Grauweiß-2

(Wiking Serienmodell;046-06(B))

Image

Rot

(Wiking Serienmodell;046-06(D))

Image

Hellbraunrot

(Wiking Serienmodell;046-06(C))

Image

TannengrünNEU!

(Wiking Serienmodell;0046-05)

Image

Schwarz

(Wiking Serienmodell;046-06(F))

Image

Dunkelultramarin-1

(Wiking Serienmodell;046-02-18)

Image

Silber(M)

(Wiking Serienmodell;0046-03)

Image

Wasserblau(M)

(Wiking Serienmodell;0046-04)

Image

Dunkelultramarin-2

(Wiking/VW Werbemodell;32)

-Kompetenz in Cabriolets-

Image

Klar

(Wiking Fremddruck)

Image

Violett

(Wiking Serienmodell;046-07)

-Genesys-

Image

Weiß-2

(Wiking Fremddruck)

-EDUARD WINTER-

Image

Weiß-3

(Wiking Fremddruck)

-50 Jahre Autohaus Duhnsen-

Image

Weiß-4

(Wiking Fremddruck)

-Kundenzentrum Grimm-

GolfとSciroccoがKäferとKarmann Ghiaの関係をなぞっているとすると、Käfer Cabrioletの位置にあるのがGolf Cabrioletです。基幹車種のルーフ部分を取り払ってオープンに仕立てられている点、折り畳んだ幌を背負わせている点、生産がWilhelm Karmann GmbHのOsnabrück工場で行われる点もおなじで、TypコードもKarmann Cabrioletの"Typ15x"をそのまま引き継ぐ徹底ぶりです。1979年3月の"Salon International de l'Auto"での発表以降、1993年モデルをもって3代目Golfベースの2代目と交代するまで14年の長きにわたって現役であり続けました。総生産台数は388,522台。

1984年モデルでは4灯グリルを、1988年モデルではボディ同色の大型ウレタンバンパーを装着することで外観がかなりアップデートされたため、これら比較的新しい年代のものを2代目とされるかたがいらっしゃるのですが、2代目GolfをベースとしたCabrioletは量産車では実在しませんので誤解のないように。

いまだに実車の人気も衰えることのない初代のCabrioletですが、1:87スケールのミニカーでは現状Wiking製しか手に入れることができません。1980年代前半の製品なので、ミニチュアとしての再現度や精緻さはいま一歩という感じです。Dunkelultramarinの2台とViolettは上述の大型カラードバンパーのつもりだと思われますが、パーツ割りの都合でグリルまでもがボディ同色になってしまっているところがなんとも微妙です。

Weiß-2以降は、標準品のWeiß-1をベースとしてあとからプリントなりシールを貼るなりして仕立て上げられたいわゆる「二次加工品」。どれもいちおう本国のVW取り扱いディーラーのオリジナルなのですが、さすがに本家Wikingに直接発注するには予算がかさむので、手近なところで済ませたものと思われます。

なお、究極のセットものとして「歴代Cabrioletセット」があります。

  1. STARTSEITE>
  2. VW>
  3. Volkswagen Golf Cabriolet (A1)>
  4. Golf Cabriolet (Wiking)